葬儀社選びのチェックポイント

最近はインターネットで葬儀社を比較検討する人が増えていますが、インターネットでの葬儀社選びの際に注意しなければならない点がいくつかあります。

例えば・・・、

インターネットで検索して、葬儀社を選ぶという人が増えています。以前は、病院に待機している葬儀社にお任せするというのが多数を占めていましたが、近年では自身で葬儀社も比較検討するという人の割合が半数を超えつつあるようです。
ですが、選択するといっても日頃無関心であったが故にその基準が明確で無く結局安易に決定して思ったようなお葬式でなかったという人も多いのです。中略
実は葬祭業を行うに際しては、許可や認可は不要なんです。特別な資格も必要ありません。つまりどこか公平な基準機関が葬儀社の善し悪しを判断するということは行われていません。つまり、自分自身で判断せねばならないわけです。葬儀社の看板や広告で良く目にする文言に、「優良店」「市民葬儀指定」「1級葬祭ディレクターがいる葬儀社」などありますが、「市民葬儀・・・なんて聞くと公的機関の指定を受けていて安心だと思いがちですが、実はこれ、優良店だけがもらえる資格ではないのです。
引用:沖縄県安心価格葬儀と良いお葬式解説

とあるように葬儀社を選ぶに際して明確な基準が設けられていない為、利用者は自身の判断で選択しなければいけないのですが、人生で何度も葬儀をする機会がある人はそういないでしょうから経験や知識不足もありますし、緊急で慌てているという情況下で判断が求められるということにも一因はあるようですね。

そんな中で、相変わらず葬儀におけるトラブルや不満が減らないのが実情です。

では、葬儀社をインターネットで調べて比較検討する際にはどのような点に注意したら良いのでしょうか・・?

1.葬儀費用の明細を公開しているか?

公開している明細の項目が葬儀社によりまちまちなので、注意すべき点は、葬儀代金(祭壇、棺代、人件費)と実費〔飲食代、返礼品、火葬代、霊柩車、車代など)に分けて明細が詳しく示されているところが良いです。また総額の表示内に含まれているかの確認も怠ってはいけません。評判の良い業者の場合、たいてい祭壇や棺の価格について葬儀未経験者にも分かり易いように案内されています。

2.葬儀の実例が紹介されているか?

葬儀社が行った葬儀の実例が紹介されていると全体のイメージがつかみやすくなると思います。直葬、家族葬、から大規模葬など葬儀の内容によってその実例が紹介されている事で慣れた業者であると推察できる事もあると思います。

3.事前相談や見積もりに積極的

事前相談や見積もりに積極的に望む姿勢の業者は自社のサービス内容に自信があると考えら、遺族にも誠意をもって対応してくれることでしょう。

4.代表者やスタッフ、店舗等が写真とともに紹介されている。

ホームページが立派でも、実態がそうかはわかりませんよね?実際の店舗や代表者、社員の写真が掲載されているところは信頼できるのではないでしょうか。

5.ホームページ内に葬儀プラン以外のコンテンツが充実しているか?

葬儀にまつわるミニ知識など、役立つ情報を豊富に紹介している業者は、利用者の疑問やニーズにこたえようという姿勢が感じられますので、良心的だといえるでしょう。

WS000002こうした疑問・不満のないようにしないといけませんね!

上記のポイントを踏まえて、選択すると沖縄県で口コミ評判の高い家族葬のグローバルケアなどはこうした条件を満たしているように思います。

shousai_finger_red_kakumaru

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る