仏壇を洗濯する・・・?

古くなった仏壇どうしてますか・・?

買い換えますか・・?

古くさいまま拝礼し続けていますか・・?

お仏壇ってご先祖様をお祀りしているので電化製品のように買い換える分けにもゆきませんよね。

実際仏壇を買い換える場合には、

仏壇はご本尊を祀るところなので、新規に購入するときの開眼供養だけでなく買い換えるときにも供養が必要です。
古い仏壇はお炊きあげでの処分をお寺にお願いすることになります。

参考:仏壇の飾り方と修理復元について

とあるようように、安易に買い換えル分けには逝きませんね。

とはいえ、古い仏壇はその家の歴史とともに刻まれた傷や垢が溜まっているわけで、機会を見つけて対処せねばならい事の一つです。毎年お盆のときに、どうしようなんて思いつつ先延ばしで何年も過ぎちゃっていませんか?

そんな時におすすめなのが、「仏壇のお洗濯」

テレビCMでおなじみの宮本仏壇店は古くなった仏壇の修理・復元・磨き上げを依頼できる数少ないところです。

富山県と石川県に店舗があり、現在は両県のみの対応ですが、本家の仏壇、分家の仏壇をはじめとして各お宅の仏壇のいわばリフォームのごとく重宝されているお店なんです。

実際、古い仏壇が見違えるように修復されます。

仏壇のお洗濯修復

気になる料金ですが、写真のような大きな仏間用の台付型金仏壇(本家の仏壇ですかね?)の場合でも、下記の通りです。そもそも、高額な仏壇ですが、買い換えることを考えるととても良心的価格ではないでしょうか?

費用の目安(お仏檀の前幅) 3尺仏間用金仏檀(~70cm) 6尺仏間用金仏檀(~125cm)
まんぞくコース(納期2~3ヶ月)伝統を受け継ぐ職人により、見えない部分まで修復 70万円 130万円
やすらぎコース(納期3~4ヶ月)漆塗り・ろいろ仕上げ扉の金箔は大箔を使用する最高仕上げ 100万円 160万円

*価格は目安価格、予算に合わせて応相談

 

会社名 株式会社 宮本仏檀店
本店所在地 < 羽咋本店 >〒925-0052 石川県羽咋市中央町サ77-3
< 津幡店 >〒929-0341 石川県河北郡津幡町字横浜ヘ25-1
業務内容 仏檀(仏壇)仏具の製造・墓石販売
信念 『百花誰が為にか開く』

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る