お墓を建てずに萬福寺「永代納骨供養塔」

お墓を建てない選択肢としてどんな方法があるのでしょうか・・?

近年の家族構成や墓地事情などからお墓を建てない選択が増えています。

その方法としては主に3つあります。

1.納骨堂や永代供養墓

寺院や墓地が供養数永代供養墓(合葬墓)は後継者が不在でも供養が途絶えないと言う点が特徴です。

形態としては複数の遺骨を一時的に安置する納骨堂が増えてきています。その様式はロッカー式、仏壇式、お墓士など様々です。

遺骨は個別に納めるが、33回忌や50回忌など一定の期間を経てたの遺骨と合祀するところと、最初から合祀するところがあります。

費用が墓地を購入して墓を建てるより割安である点が特徴です。

2.会員同士が一緒のお墓に入る共同墓

血縁などに関係なく、他人同士が自らの意志で同じ墓に入る形態です。

会員組織で生前からの交流が活発で墓有としてのつながりに重点を置いている点が永代供養墓と異なります。

共同墓には個人向け、家族向け、女性のみなどのものもあります。費用は一般の墓を建てるより割安な場合が多いです。

3.樹木葬

墓標として植えた樹木の根元に遺骨を埋葬すします。個人や家族単位でりようするものから、大きな区画に複数の遺骨を埋葬するタイプまであります。

継承を前提としないお墓の一つで散骨ににていますが、遺骨をまくのでなく埋める点が異なります。

自然に還ることができると言う点で人気が上昇しています。

4.散骨

散骨とは遺骨を粉砕ぢて海などにまく方法です。海にまくことを海洋葬とも言います。墓標となる樹木の下にまく形態も有ります。

注意点としては、環境問題から漁場や取水口の近くは避けなければなりません。

散骨の場合お彼岸やお盆などの年中行事でご先祖様に手を合わせる習慣があり、全てのお骨を散骨してしまうと遺族が手を合わせる場所がなくなる為遺骨の一部を手元に遺す手元供養という方法もあります。

 

萬福寺「永代納骨供養塔」のご紹介

特徴

・宗派を問わずお申込みいただけます
・交通至便な地にあって45万円のご安心価格
・生前のお申し込みも可能です(生前戒名も承ります)
・納骨後は当寺にてご供養を行います
・ご希望があれば法事を行うこともできます
・個人用だけでなくご夫婦ようの納骨場もございます
・総御影石でつくられた心落ち着く静寂の空間です
引用 –後継ぎがいなくても安心な千葉県鎌ケ谷市の永代納骨供養塔

都心からのアクセス良好な千葉県鎌ヶ谷市の日蓮宗 萬福寺

 

WS000002

 

 

[広告]

・メール24時間受付

・全国お坊さんの手配

お坊さん便

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る