大都市は墓不足・・?千葉市の納骨堂東光寺別院

誰しも必ずはいるのがお墓だと思うのですが、迷惑施設として住民からは歓迎されないのが実態です。

近くに欲しいのが墓なのに他人の墓はごめんという都会のエゴとでも言うべき事態で都心のお墓は縮小し墓不足にさらに拍車がかかるという事態が起きているんです・

例えば横浜市の推計によると、増える墓地需要を満たすには、2026年までに約9万4000区画の墓地を新規に整備するっ必要があるのだそうです。

東京都も事情は同じで、年間3万墓が今後20年間必要になるのに対し、供給は、わずか6000墓と完全に足りない状態。

これらにさらに拍車をかけているのが、墓地のニーズは都心回帰で推移しており地方からの改葬も増えている実態がある。

 

こうした中人納骨堂はいい手いい年数で永代供養墓に合祀されるが低費用で埋葬がされることから、終活を考える世代から人気で都市圏の納骨堂は応募が殺到しています。

WS000001

千葉市の納骨堂日蓮宗 経王山 東光寺別院は、

●お墓参りができなくてもお寺が責任を持って永代にわたって供養と管理をしてくれる
●墓石代がかからない(個人墓の場合を除く)、墓地使用料が割安になるなどで、一般のお墓と比べて料金が安い。
●一式料金を一度支払えば、その後管理費、寄付金など一切費用はかかりません。
●過去の宗旨宗派は問われませんし、宗旨宗派にこだわる必要はありません。
参照:千葉県千葉市の納骨堂「日蓮宗 経王山 東光寺別院」

 

とのことから、遺族のお参りにも交通アクセスが良く絶好のロケーションです。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る