終活とは

終活というのは誤植でもなんでもなく、言葉通りの意味を取ります。
終わるための活動、終わりに向けた活動とすれば分かりやすいでしょうか。
要するに人生の幕引きに向けた活動全般を指して、現在では終活という名称が与えられています。
特別な信仰を持っていなくとも死ぬ前に身辺整理をしておきたいと考えるのは珍しい話ではなく、その指標となるのが終活です。
最もメジャーな部分について触れると、葬式の段取りが挙げられるでしょう。
ただし、あくまでも終活の範疇での話なので生前葬とはまた分野が違ってきます。
それでも全くの無関係という事もないので、終活の一部に生前葬を加えている方がいても不思議はありません。
むしろ近年では、終活の波に乗って生前葬が注目されつつあるほどです。
終活を考慮する年代となると高齢である事が一般的になるため、子供の世代に無理な負担を掛けたくないという思いもありそうです。

終活に関連する大きな感心事と言えば、やはり遺産相続ではないでしょうか。
遺産問題で関係悪化、そのまま絶縁という事もあるだけに旅立つ側としては終活で円満な解決方法を示しておきたいものです。
ずばり、終活で遺言書として意思をしっかり示して伝えましょう。
遺言書を作るほどの遺産なんて遺せないから、と侮っていませんか。
額の大小は遺産相続における問題点にはならず、どう分配されるかが終活を話る上での問題です。
土地などの不動産は換金が用意ではなく、その時どうやって分けるかを終活で決めておくのです。
終活といっても一人で全ての問題を背負い込む必要はなく、特に遺産相続ならば当事者達を交えた話し合いの場が持てると良いのではないでしょうか。
全員の総意によって導き出された結論を遺せば、後で揉める事もなく良い終活ができたと言えるでしょう。

終活は、自分のためにというより遺される家族や親戚のために行う部分が大きいです。
墓選びにしても葬式のプランニングにしても、結局のところ幾らかかるかを終活によって事前に把握します。
もちろん、それ以上に強く自分が希望するものに対してはハッキリ終活で意思表示しておきましょう。
終活は死亡時のみ役に立つ訳ではなく、何らかの病気や怪我によって意思疎通が困難となった際にも役立ちます。
急な病で倒れてそのまま意識不明、延命治療をどうするかという時に終活で方向を決めておけば身内の揉め事が減らせるのです。
終活に関する話は幾つもあるので、まずはブログやサイトから情報収集してみると良いでしょう。

 
日本全国お仏壇販売サービス




 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る