お悔やみの葬儀でのマナー

葬儀でのマナーのお悔やみは、何らかの事情で参列できない時は、お悔やみの言葉を書いた詫び状でも大丈夫です。
別に事情があってお悔やみできない場合、その文面は、やむを得ない事情がある旨を記せばOKです。
告別式にはお悔やみできませんがどうぞお許し下さいという詫び状を送れば、葬儀でのマナーに反しません。
一般的に葬儀でのマナーのお悔やみは、まず受付で済ませるようにするというのが基本になります。
一般会葬の場合、葬儀に遅刻したり、僧侶の読経が始まってから入室するのは、お悔やみのマナー違反になります。
そして仏式でお悔やみする場合、数珠を忘れずに持参することにも葬儀でのマナーとして留意する必要があります。
また、お悔やみする時には、荷物やコートは脱いでから受付するということも忘れてはならない葬儀でのマナーです。

葬儀でのマナーで、葬儀場に預かり所がある場合は、貴重品以外を預けるようにすることです。
また、葬儀場に到着すると同時に、お悔やみの場なのですから葬儀でのマナーとして携帯電話の電源は切るようにしましょう。
マナーモードでも静かな場所では振動音は聞こえるので、葬儀でのマナーとして、携帯の電源は切っておくべきです。
葬儀でのマナーで、受付では、受付係りの人に対して、深く一礼し、ひとことお悔みの挨拶を述べます。
お悔やみする場合、受付では、バッグなどから袱紗に包んだ香典を取り出して差し出すのが、葬儀でのマナーになります。
そして、葬儀でのマナーは、最後に芳名帳に記帳するのですが、通夜の時などに香典を持参している場合は記帳だけでも大丈夫です。
受付がない場合は、葬儀でのマナーとして、遺族にお悔みを述べ、霊前にお参りをして祭壇に香典を供え、お悔やみしましょう。

葬儀でのマナーは、案内に従って祭壇のある部屋に入り、式が始まるのを静かにお悔やみの気持ちを持って待ちます。
係りの人がいない場合は、前の人に続いて座り、先客がいれば一礼します。
喪主、遺族に一礼して手短にお悔やみを述べて席に着くというのが、葬儀でのマナーになります。
席次などは特にないので、着順に前のほうから詰めて座っていきます。
座敷の場合であっても、後から訪れる人のことを考えて詰めて座るというのが、葬儀でのマナーになります。
しかし、自分より年配の人が多くいる場合は、葬儀でのマナーとして、末席に控えた方が無難でしょう。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る