数珠についての葬儀でのマナー

葬儀でのマナーの数珠は、仏式の葬儀として、必ず必要な物であり、数珠は欠かせないものです。
数珠の珠の数は人間の煩悩の数と同じ108個あるといわれていて、葬儀でのマナーとして必須のものです。
数珠には多くの種類があり、葬儀でのマナーの数珠は、二重にして使用する二輪の物と略式の一輪の物が一般的です。
材料も色々ですが、葬儀でのマナーの数珠は、女性用は珊瑚、水晶のものが一般的によく使われるようです。
男性用の場合、葬儀でのマナーの数珠は、菩提樹の実や黒壇のものが比較的よく使われているようです。
そして、葬儀でのマナーの数珠は、使用していない時は、左手で持つというのがマナーなので忘れないようにしましょう。
焼香する時は右手で焼香、左手で数珠を持つというのが、葬儀でのマナーの数珠の基本になります。

葬儀でのマナーの数珠は、合掌する時に両手を合わせて親指と人指し指の間に持ち直すというのが一般的な決まりです。
葬儀に数珠を持って行くというのは、参列する際の葬儀でのマナーですが、数珠がないからと言って絶対にダメというものではありません。
数珠は葬儀や法事などの仏事に持参するもので、葬儀でのマナーの数珠は、一般に一連、単念珠が多用されます。
本連と呼ばれる一重のもの、二連と呼ばれる二重にして用いるものが、葬儀でのマナーの数珠になります。
男性用の珠は、大きく黒檀が一般的で、女性は小さい珠で琥珀、瑪瑙、白珊瑚などが葬儀でのマナーの数珠になります。
水晶、真珠、象牙のものを用いるのが葬儀でのマナーの数珠として、一般的とされています。
どの種類を使用するかは、宗教によって違うので、葬儀でのマナーの数珠は、それぞれの宗派に合わせるとよいでしょう。

葬儀でのマナーの数珠は、参列する葬儀が自分の家の宗教と同じとは限らないので、注意が必要です。
あらかじめ宗派が分からない場合は、略式数珠を持参するというのが、葬儀でのマナーになります。
略式数珠は葬儀でのマナーの数珠にふさわしく、一重の輪で出来た数珠で、どの宗派でも通用するものです。
宗派を気にしない数珠に略式二輪数珠があり、これもまた葬儀でのマナーの数珠として適用できるものです。
数珠の輪が二連になっていて、葬儀でのマナーの数珠として、立派に見えるメリットがあります。
嫁ぎ先の宗派によっては、数珠を買いなおさなくてはならないので、葬儀でのマナーとして、略式数珠を一つ持っていると便利です。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る