東京の公営霊園

東京の公営墓地(都立霊園)は毎年抽選で公募されます。

抽選に参加する資格としては東京都に在住である事が条件となります。

但し例外として都立八柱霊園だけは、松戸市民にも抽選権利があります。これは、八柱霊園は千葉県松戸市に東京都が設けた都立霊園だからです。

抽選倍率は毎年15倍程度で推移しており長くは10年近くも抽選をし続けている人もいます。

新仏を抱えて抽選に望んでも即納骨できる方はまれでしょう。当選までの間はお骨を預けて抽選にかけている人が多いようです。

参考までに2014年度の都立霊園の使用料他は下記の通りです。

霊園名 公募数 使用料 年間管理料
青山霊園 一般埋蔵施設(1.55~3.70㎡) 4,206,700~10,041,800 1,220~2,440
東京都港区 50箇所
谷中霊園 一般埋蔵施設(1.60~1.90㎡) 2,688,000~3,192,000 1,220
東京都台東区 60箇所
多磨霊園 一般埋蔵施設(1.75~5.90㎡) 1,538,250~5,186,100 1,220~3,660
東京都府中市 380箇所
小平霊園 一般埋蔵施設(1.80~6.00㎡) 1,450,800~4,836,000 1,220~3,660
東京都東村山市 70箇所
小型芝生埋蔵施設(2.00㎡) 1,720,000 1,620
100箇所
八王子霊園 芝生埋蔵施設(4.00㎡) 1,124,000 3,240
東京都八王子市 80箇所
八柱霊園 一般埋蔵施設(1.75~5.90㎡) 337,750~1,138,700 1,220~3,660
千葉県松戸市 300箇所

立地とアクセスが良いので、なかなか狭き門のようです。

また、いがいと高額なのにも驚きですね。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る