喪中のおせち料理

おせち料理はたんなるお正月用のお献立にすぎないのか、それともお祝い料理なのか。
恐らく、普段ここまで真剣に考えておせち料理を作ったり購入したりされるお宅は少ないのではないだろうかと思いますね。
けれど、これが喪中ともなると話は別で、皆さん突如として悩んでしまわれるようです。
確かに、おせち料理やお雑煮には新しい年の到来を祝うという意味があって、験担ぎのような食材が多数含まれています。
けれど、その一品一品を細かく見てみると、例えば数の子は子だからに恵まれるようにとか、田作りは豊作になりますようにとか、黒豆はまめに動けますようにとかっていう感じ。
案外とおせち料理の中身は、お祝いというより、祈願という意味の方が多く込められているような気がします。
それを考えると、例え身内に不幸があっても、いや、不幸があった時だからこそ、残されたものは健康にしっかりと生きる必要がある訳でしょう。
だったら、別におせち料理を食べてもいいんじゃないかなぁっと個人的には思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか。
やはり喪中には一切合切お正月のイベントというか、風習は避けるべきなのでしょうか。
もしそうなら、おせちと一緒にお年玉もNGになるので、大人としてはちょっと有り難いかもね。

おせち料理というのは、元々はお正月の間、台所に立って調理をしなくてもいいように考え出されたものです。
そのため、煮物や酢の物、そして焼き物といった日持ちのする料理を詰め込んだのが定番のおせち料理ですよね。
これは主婦がお正月位のんびり出来るようにという意味もあるそうですが、それ以上に、台所におられる火の神様をゆっくり眠らせて上げるための意味の方が大きいそうですよ。
だとしたら、より一層おせち料理はお正月を祝うものではなくなる訳で、喪中でも全然OKなんじゃないんじゃないかなぁっと思いますね。
そもそもお正月というのは、我が家が喪中であろうがなかろうが関係なしに、放っておいても勝手に来るものです。
となると、来るもの拒まずで、やっぱそれなりにクリアしなければいけない訳だし、その一環として素直に美味しくおせちを食べるというのはどうなのでしょうか。
恐らくね、重箱に詰めるのは喜びを積み重ねるという意味があるらしいので、ちょっと不味いかも知れませんが、皿盛りなら別にいいでしょう。
後は祝い箸でさえ食べなければ、おせち料理そのものを完全に無視する必要はないのではないかというのが我が家の行き着くところです。

おせち料理は例えお祝い料理であっても、別に喪中に食べてもいいんですよっとおっしゃるご住職さんもおられます。
基本的におせちをお祝い料理だと考えた場合、やはり服喪期間に食べるのはNGなのは間違いないらしんですね。
ただ、この服喪期間というのは、大抵の宗派や地域では、四十九日まで、ながいところでも百か日までだそうですから、それ以降ならOKとなるらしいのです。
それに、喪中だから家でおせち料理が食べられないので旅行に行く事にした友人ファミリーなどは、これが大失敗。
結局、旅先でお節料理をさんざん食べる羽目になってしまったとか・・・。
そうなんですよね、お正月に旅行すれば、必ず宿ではおせち料理が出されます。
だから、逆にお祝い気分に浸る羽目になってしまう事も大いにありうるのです。
そんなこんなを考えると、ブログやサイトで比較的地味なおせち料理の盛りつけや食べ方などを調べ、家でのんびりお正月休みを過ごすのがベターなのかもって思いますね。





コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る