墓地のいろいろ

 

公園墓地
緑地や広場のある広い敷地にある「公園墓地」が、最近は増えています。
宗旨・宗派を問わないスタイルが多く、暗いイメージを払拭した公園のような
雰囲気が特徴です。
遊歩道や休憩所があったり、売店や展望台などが整備されているところもあります。

墓石の形状や付属品は、規定の範囲内であれば比較的自由に設置する
ことができるのも、公園墓地の特徴です。
芝生型墓地
芝生の敷地内に「納骨室」が埋めてあるものような平面型の墓地で、
欧米では主流となっている形態です。

日本の伝統的な墓地のイメージと違うため、抵抗を感じる人も多く
まだ少数ですが、最近の墓地では、この芝生型墓地を併設してある
ところもあります。

壁型墓地
芝生型墓地と同じように、納骨室が設置されていて、その上に自然石などで
板状の壁を設けている墓地を「壁型墓地」といいます。

生け垣設置したり植樹を行ったりすることはできませんが、花立てや香炉などは
規定の範囲内で設置可能です。

そのほとんどは民営墓地ですが、東京都などでは一部の公営墓地でも
この壁型墓地を取り入れているところもあります。

納骨堂
通常のお墓では、遺骨を地中に埋蔵しますが、納骨堂という形態では
屋内に収蔵します。

納骨堂は通常、一時的な収蔵場所として利用され、長期にわたって
納骨をするケースは、通常の墓地に比べると少ないです。

納骨堂の場合は土地の使用料がかからないため、少ない費用で
使用することができます。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る