終活は、死に方や死んだ後の自分の処遇を自分で決定していく事です。
当然ですが死んだ時点で世界との繋がりは途絶えてしまうため、終活によって事前に伝えたい事を用意しておきます。
なので終活を始めるのは、ほとんどが高齢になってからと考えられます。
例外的には、何か重い病気を患っている時には年齢に拠らず終活を意識する事があるかもしれませんね。
遺産と葬儀と墓という、大きなテーマがまず存在します。
遺産は何も相続されるような財産ばかりでなく、故人の持ち物にも及ぶ話なので終活が重要なのです。
捨てて良いものなのか遺すべきものなのか、その判断を自分でしておく事も大事な終活です。
場合によっては遺品整理にかけられる時間がなく、慌ただしいまま有耶無耶になってしまうので事前に終活しておくのです。

終活は死んだ後の話だけでなく、自らの意思が及ばなくなった時の事も考えて行われるのが一般的です。
意識不明とまではいかなくとも、寝たきりなど体が不自由になった時のためにも終活はなります。
介護をどうするのかという問題から延命に関する話まで、当事者を除くと結論を出しにくい問題に終活という形で関与します。
しかし、一つ一つ考えていくと終活の及ぶ範囲はかなりの量になってしまいます。
気軽に相談できる人がいると、順序良く進められるでしょう。
葬儀一つを考えるにしても、費用の見積もりから用意を済ませて更に訃報を知らせるリストの作成と終活の及ぶ範囲は広いです。
遺影に関しては、元気なうちに用意しておきたいですね。
終活を相談する相手は、身近な方でも良いですが身近すぎるとやり難いでしょう。
法律家に相談となると大げさすぎて嫌、という方は終活カウンセラーを頼ってみると良いかもしれません。

終活に関する様々な相談を、仕事として行なっているところがあります。
少なくとも、身近な一般人に相談するよりも終活に関して有意義な意見が得られるのではないでしょうか。
終活に関する資格も登場しており、当面はこれの有無から判断すると失敗せずに済みそうです。
もちろん法律関係の資格を持っていれば、十分終活の相談にも対応してくれるでしょう。
ただし終活には幾つかの分野があり、それぞれ関わってくる法律にも違いがあります。
どれか一つで良いというものでもないので、終活を行なっていくにあたり幅広い情報が求められます。
相談するばかりでなく、自発的に情報収集していくと良いでしょう。
ブログやサイトから、終活に関する情報を簡単にチェックできます。

 

お墓の引越しの事を「改葬」といいますが、改葬には段取りが必要となりますから、菩提寺としっかりとご相談をしないといけませんね。
引用:岡山県岡山市徒歩圏内の永代供養納骨堂佛住山蓮昌寺久遠堂





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る