終活で決めていく内容に決まりはありませんが、全て法律で適用される範囲に収まるよう調整する必要があります。
いくら今際の際に要望をまとめておいても、それが法に反する事では認められません。
なので、実際に有効となる終活をするためにはある程度の知識が前提となります。
この知識は自分で有している必要はなく、法律のプロに立ち会ってもらえば解決できる問題です。
ただ、実際に終活をする上でそこまで大袈裟な事はしたくないという考えがあるのではないでしょうか。
確かに知らなければ分からない話ですが、終活に関連する法律は極端に難しいわけではないのでとりあえずチェックしてみるのはどうでしょう。
実際に、自分の目で見てから判断しても遅くありません。
自分や家族にとって、無理のない範囲で終活は進めたいものですね。

終活を一から十まで考えるなら、死後の事にばかり目を向けていてはいけません。
あまり意識されないかもしれませんが、万が一の入院時も視野に入れた終活をしていく必要があるでしょう。
単なる入院なら良いのですが、意識を取り戻せないような状況では困ります。
他にも、意識は十分に保てていても判断能力に問題が生じるような状況だとそこからの終活は難しいです。
それを踏まえて考えると、終活の流れは死の以前から始まっていると言えるでしょう。
たとえば介護される立場になれば終活の、遺産にまつわるバランスも微妙に違ってくるのではないでしょうか。
流れを考えると、一度決めて終わりではなく時期を見て更新すると良さそうです。
もちろん終活に際する法律の範囲内という条件はあるので、他の相続人を無視した分配は出来ません。

終活は、家族がいる場合といない場合とでも流れに違いが出てきます。
家族がいれば、葬式や墓の問題は終活に含めなくても何とかなります。
しかし家族がいない場合、終活をしておかないと困ったことが起こります。
死んだ後に誰がそれまでの生活品を処分するのか、墓の管理は誰がという事を終活で決めておく必要があるのです。
自分は死んでしまっているのだから関係ない、とは言いにくいだけに適切な終活が求められます。
家族がいない場合の終活は、より細かい部分まで法律が絡んでくると思われるので事前準備が欠かせません。
どの部分まで認められているかを把握しておく事が、正しい終活に繋がります。
終活の詳しい流れや手順について、ブログやサイトから多くの情報を収集してみると良いでしょう。

 

<改葬する際の注意点>

改葬にあたっては、「墓地、埋葬等に関する法律」(埋墓法)に基づいた法的手続きと、宗教上のしきたりに沿った寺院との関係がが必要となります。
引用:戸田市納骨堂平等寺蓮華院霊廟





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る