確認ポイント:檀家になるとは・・?

前回の記事檀家(檀徒)になることを軽視してはいけないと書きましたが、

どんな点を確認せねばならないのでしょうか。

お墓の決定の際ですと、この檀家になることを”入檀条件”といったりもしますが、要はお墓に入る条件でそのお墓を運営する寺院の檀家にならなければいけにと言うことです。

では檀家になるとはどういうことなのでしょうか。

檀家になるということはそのお寺を菩提寺として両親と同じように付き合うということです。

一般的な檀家なることで発生することは、

護持会費という寺院墓地独特の費用で年会費のようなものが発生します。檀家としてこ継続することが必要で、滞った場合に墓地を出なければならなくなります。勿論この場合永代供養の費用を払っていたとしても返金などはなく、逆に墓の撤去費用などを請求される場合があります。

また、檀家は寺院を経済的に支えるばかりで無く、年忌法要はその寺院で行わなければならなかったり、毎月の行事の手伝い清掃の協力というお布施を必要とするケースがあります。寺院の運営の一端として、本堂の修理なども負うケースだtrてあります。軽視せず不明確な場合は後々のトラブルにならぬよう事前に確認をしておかなければならない重要なポイントです。

 

 

 

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 「六波羅蜜」 春のお彼岸。春分の日を「お中日」として、前後3日間を合わせた計7日間です。 太陽が…
  2. 終活は、今まで全て遺族任せとなっていたものに死者となる自らが率先して参加していく活動です。 自分ら…
  3. 終活なんてどうせ流行語の一種で、すぐに忘れられてしまうだろうと思っていませんか。 流行語だった過去…

アーカイブ

ページ上部へ戻る